不妊治療を諦めたくない人に知ってもらいたい~心が軽くなる【授かりの方程式in京都】 » 京都で受けられる不妊治療の助成金

京都で受けられる不妊治療の助成金

京都市で不妊治療を考えている人は知っておきたい「京都市で受けられる不妊治療費助成金」についてまとめました。

不妊に悩む方への特定治療支援事業
(旧特定不妊治療費助成事業)

不妊治療を受ける際、特定の医療機関で「体外受精」や「顕微授精」といった特定不妊治療を受けている夫婦に向けた助成金事業です。

特定不妊治療を実施する目的で男性不妊治療を行った場合にも対象となります。

初回の治療は上限30万、2回目以降の上限は15万で、助成を初めて受ける際の妻の年齢(治療開始日時点)が40歳未満の場合は、年間制限なしで通算6回まで助成が受けられます。助成を受ける場合は、居住地域の区役所や保健福祉センターなどで受付が可能となっています。

不妊治療費助成制度
(一般不妊治療費助成事業)

「不妊症」と診断された後に行われた健康保険が適用される治療と人工授精が対象です。対象となるのは京都府内の市町村に1年以上住んでいる夫婦で、かつ京都市内に住所があるタイミングで不妊治療を受けた人、健康保険に加入していて、法律上の婚姻をされている人となります。

実際の助成金額などについては、治療にかかった医療費の自己負担額の2分の1が助成され、4月~3月末の1年度に当たり、一人6万円が上限となっています。

不育症治療費助成制度
(不育症治療費助成事業)

健康保険が適用される治療や検査が対象となりますが、「不育症の恐れがある」という診断を受けた人だけが受けられる助成制度です。

対象となる人は、京都府内の市町村に1年以上住んでいる夫婦で、かつ京都市内に住所があるタイミングで不育症の検査や治療を受けた健康保険に加入している人です。助成金額は、京都市内に住所があるタイミングで受けた治療で負担した医療費の2分の1が助成され、1回の妊娠につき一人当たり10万円が上限となっています。

まとめ

京都市内で不妊治療や不育症の検査、治療を受けたいと考えている人は、必ず助成金について確認しましょう。助成制度を利用することで、経済面での負担が軽減でき、治療に専念することができます

多くの不妊治療経験者も言うように、不妊治療はお金がかかります。せっかくの助成制度なので、事前に確認をし、利用できる場合は必ず利用しましょう。

心が軽くなる授かりの方程式
通院×鍼灸

病院治療と鍼灸を組み合わせることで
身も心も授かり体質

    イメージ
       

私たちは京都の不妊治療を調査している「授かり編集部」です。このサイトでは京都で受けられる不妊治療・不妊ケアの情報をまとめています。ご夫婦それぞれに合ったアプローチを探してみてください。

おすすめの
授かりの方程式
とは?